他の誰かに見られたくないこと

ちゃんと確認したはずなのに

そんなはずあるわけないのに おかしいなぁ、と思うことがおきました。


チラッと見た鏡に映っていた自分の姿に驚いた。

着ている服が華々しく裏返しだったんです。(えー?)



前にも 似たようなことはありました。

服を後ろ前に着ていたことが。

着心地が悪いとか気づかずに過ごしていたんですけど。

それより何より 後ろ前にならないように着る前に確認していたから自分に自信があって気づくのに遅れたんです。

その時は人に指摘されるまで気づかなくて恥ずかしかったです。


着る前に ちゃんと確かめたはずなのに、どこでどうやって間違えたら 後ろ前になったり 裏返しになってしまったりするのか。

人はこうやって年を取っていくのだろうか、と思う。



人に指摘されたら わざとそうしているんですよ、なんて言ってみたりして。

昔、襟を立ててる人が 他人から襟が立ってますよ、と注意された時みたいに。

もしかしたら 当時よりもそんな言い訳が通用するかもしれない(笑)

だけど、そんな場面 あまり人には見られたくありません。ひとりの時で良かった。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事






  • このエントリーのカテゴリ: 日記