「二宮金治郎像」

小学校によくある「二宮金治郎像」が、近頃 歩きスマホの危険性が社会問題になって、立像ではなく座像になっている、ということらしいです。


二宮尊徳」wikipediaによると、

かんたんに要約すると、いろいろがんばったすごい人なのである(笑)。



で、この金治郎像が小学校などに多く建てられたのは、


「自主的に国家に献身・奉公する国民の育成を目的とした統合政策の展開があった」


「この「金治郎」の政治利用は、山縣有朋を中心とする人脈によって行われており・・・」


「国家の政策論理に同調することで営業活動を行った石材業者や石工らによって広まったとされる」 とか。


そしてそして、


「尊徳をまつる報徳二宮神社の尊徳像には「経済なき道徳は戯言であり、道徳なき経済は犯罪である」という言葉が掲げられている」 と。



改めて金治郎像のことを調べると、こういうことだったのかと 思いますね。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事






  • このエントリーのカテゴリ: 日記