節約貯金癖



老後の資金を貯めるために

長年、節約貯金をした人は

節約する癖がついてしまい、老後のためにと言いながら貯金ばかりして、

今が老後なのに、老後はまだ先にあると思い込み、

お金を使うチャンスをなくし、

老後の資金を残したまま旅立ってしまう傾向にあるそうです。

残された家族がいたら、その人のために残しているのかもしれませんが、

老後のためにと言いながら貯めたお金は 結局 使わない老人が多いのだとか。

老後のその先の老後が心配で、いつまで貯めても不安で、

節約貯金の繰り返しになるようです。


ということは、人によりますが、老後のための貯金は、必要ない

考えていい、ということではないでしょうか。

使えないお金を貯めても意味がない、貯めても貯めても不安がなくならないなら

貯めなかったのと同じ事。


これは、貯金ができない私の屁理屈にすぎませんが。

貯金ができないと言っても、ちゃんと節約はしております。

子供の教育資金、親の入院費など、かかる費用は捻出しています。

老後のための貯金はいちばん後回しになりまして、これから ということです。

そんなわけで、老後まであと何年か、頑張って節約貯金をしていきます。

そして、老後になったら しっかり残さず使います。




スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事