ゆらゆらしながら帰ってきた息子

「まだ ゆれてる~ゆれてる~えらかった~」と言いながら 息子が帰ってきました。

三浦のほうまで釣りに行き、帰りは電車のほうが近いということで電車に乗り、最寄り駅からテクテク歩いて帰ってきました。

朝6時から午後3時までずっとイカダの上、酔い止めを飲むも効果なく、1回ゲボ(汚くてすみません)しちゃったけど、

その後はちょっとすっきりして慣れたと言っていました。やっぱり慣れってすごいですね。

釣れた魚は、小さなイシダイと 中くらいのイナダと鯖、ふぐも釣れちゃったそうです。

本人たちは カワハギ狙いで行ったけど、カワハギは1匹も釣れなかったらしいです。


服装や靴は息子がいちばんそれらしいカッコだったそうで、カバンは車の中に置かせてもらい、

誘ってくれたお客さんは お父さんが出かける時みたいなシャツと折り目のついたスラックスだったそうな。

まぁ要するに 服装はどんなんでも大丈夫ってことだったんですね。息子の言うとおりでした(笑)

釣りは楽しかったけど、ゆれるのが参ったから あと1年くらいは行きたくないと言っていました。

きょうは天気が良くて、かなり日焼けして顔や腕が赤黒くなってました。

いったん、イカダに乗ったら 船で行き来するため、トイレは簡単にはいけないそうで、

大きな声では言えませんが、立ちションしちゃったそうです。

近くに女の人はいなかったので大丈夫だったそうですが、海には申し訳ないですね。



多少心配ではありましたが、無事に帰ってきてよかったです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事