ウオノメ(魚の目)を自分で削ってみた

足の裏に小さなウオノメができてしまって、歩くと痛いので なんとかしようと思い、

アマゾンで調べていました。 以下の商品を買ってみようかな?と思ったのですが、

その前に、自分で何とかしようと試みました。

ゾーリンゲンペディー(ドイツsolingen製)魚の目・角質削り【替刃10枚付き】

新品価格
¥920から
(2015/9/18 10:15時点)



ソフトピーリングセット うおのめとっと

新品価格
¥1,390から
(2015/9/18 10:20時点)





洗面所に置いてある、使い古しの顔そり用のかみそり(安全ガードがついたもの)を持ってきて、

かみそりの先端の角で、試しにウオノメを掘ってみたら うまいこと削れました。

これはいいかも、と思い、厚くなった足の裏の皮もうっすら削って、ウオノメももう少し深く削ったのが以下の画像。

汚い足の裏をお見せしちゃって すみません。

うおのめ

安全ガードが付いているので 削りすぎないし、先端の角は切れ味が良かったです。(赤い矢印の場所)

削り終わった後のかみそりは、安全ガードがボロボロになってしまいました。でも足裏はつるつるに。


ウオノメは芯をしっかり削り取らないと、また同じ場所にできるらしいです。

今回は 全部削れてるのかどうかは ちょっとわかりませんが、血が出るまで削ったらよけいに痛くなるので

このくらいのところでやめました。歩いてみると まだちょっと痛いですが。

また、同じ場所にできたら、同じようにやります。

使い古しの顔そり用のかみそりの先端の角が、思いがけず役に立ちました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事






  • このエントリーのカテゴリ: 日記