葬儀後に手続きすると受け取れる 葬祭費給付金制度(埋葬料、埋葬費、葬祭費)


手続きをすれば葬祭費・埋葬料がもらえる!

「健康保険証は、被保険者や被扶養者が亡くなったときにはすみやかに返却・変更の手続きをします。
 国民健康保険の場合は葬祭費、健康保険の場合は埋葬料が支給されますので手続きを忘れないように!
  業務上や通勤災害で亡くなった場合は労災からの支給になります。」


加入していた健康保険の種類や状況によって給付の内容が変わり、

国民健康保険に加入していたときは葬祭費といい、

健康保険に加入していたときは、埋葬料埋葬費と名称がかわる。

手続きする場所や、金額にも違いがあります。

故人の死亡日から2年以内に申請を行う必要があるということです。


生活保護の葬祭扶助費について記事にしていたら、

葬儀後に手続きしてもらえる埋葬料などは どうなるんだろうと疑問がわいてきました。


たぶん、埋葬料などの葬祭費給付金のほうが身近なのだろうとは思いますが。



生活保護の葬祭扶助費と、国保の葬祭費を両方もらえるのか?というと・・・

Yahoo知恵袋で、「国保の葬祭費と生活保護の葬祭扶助費を同時に申請することは可能ですか?

という質問がありましたが、結論はよくわかりませんでした。

立場が変わると、いろんなケースが出てくるのかもしれないですね。

相談しに行けば、公正に判断してくれるのではないでしょうか。



自分の場合は、葬式代と納骨代は残して死ぬつもりなので、葬祭扶助は受けなくても大丈夫。

葬儀後の葬祭費給付金の手続きだけしっかりやって、もらえるものはもらっておいてほしいと思います。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事









  • このエントリーのカテゴリ: お葬式


価格.comの賃貸物件"一括検索"サイト「スマイティ」


スマホの料金が今よりグッとオトクに!?【格安スマホはmineo】


【GRLグレイル】ひと目ボレ必至のトレンドITEM満載!

衝撃のサービス現る!【端末レスキュー】



◇最新記事◇