息子が働く店の経営者が訴えられていた

息子が就職活動を始めたことは、一応、バイト先の経営者に話してあったのですが、

内定をもらって研修が始まることを話さなければならないのに、

話す時間がなく、ランチと夜の営業の合間の準備中の時間に話そうと思っていたら、

用事があるからと出かけて行ってしまったのだと。

なんでも経営者は、以前 働いていた従業員から裁判を起こされているんだとか。

店長として雇っていたその従業員は、息子と入れ替わりに辞めた人なのですが、

少しの間 一緒に働いていました。

息子にとっての その人の印象は、とても気さくでいい人だったというし、

店を始めた頃に、同じ目標を持って経営者と一緒に一生懸命に働いていたらしいです。

そのような人が、店を辞めた後に経営者を訴えたというんだから、

よっぽどコキ使って、待遇も何も無かったのではないか、ということが想像できます。


最初から信頼できる経営者ではなかったのか、

ずっと必死で働いているうちに、お互いが疲れてしまって心が通じ合えなくなってしまったのか、

よくわからないけど、ブラックな働かせ方をしていた、ということなのでしょう。

息子がこの店の社員にはなりたくない、という結論を出したのは大正解だったのだなと思いました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事