智弁和歌山の投手の帽子が気になってしょうがない

投げるたびに帽子が脱げたり脱げそうになったりする智弁のピッチャー。

てっぺんをへこませてるから、帽子のかぶりが浅くなってしまって脱げてしょうがないじゃないですか。

脱げそうな帽子が気になっちゃって、プレーにも集中できないんじゃないの?

見てるほうも気になってしょうがないです。

来年からは その帽子 変えたほうがいいですよ。






甲子園といえば、

その昔、私の従兄弟が出場したことがあります。

当時、従兄弟は高1だったので、期待された選手だったのだろうとは思いますが、

その親は従兄弟が出場したために舞い上がってしまい、それが財産を失うきっかけになってしまいました。

バスを貸し切って応援に行ったりしたのですが、勝ち残れば宿泊費などにもお金がかかります。

うちの父親や親戚にもお金を借りにきたといいます。

結局、商売をしていたのですが店を失い家も失い、親戚に返済することもありませんでした。


従兄弟は 病気で若くして亡くなってしまいました。

悲しい思い出です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事






  • このエントリーのカテゴリ: 日記