ちいさなしあわせ



泣けてしまった。

ある方のブログを読んで泣けてしまった。

普通に生きている人だったら感じられないような小さな幸せ。

自分で追い込んだとはいえ、後悔と負い目で薄暗く寒々とした生活の中に

ほんのりと灯った小さな明かりが

辛い状況の自分自身のなかで何よりも大きな幸せなんだと、

小躍りして歩きたくなるような気持ちと胸いっぱいの幸せが

ひしひしと伝わってくるようなお話でした。

聞いて、って言われたのでしっかり聞いておきました。

(たぶん、私には気づかないと思いますが。)

同時に娘さんたちの幸せを祈りました。


私達って、たとえ苦しくても小さな幸せがあるから生きていけるんですよね。

自分の事は放り出しても大事な人だけは守りたい。

その守りたい人からもらった小さな幸せが、

死ぬまで自分の心の中で、傘になってくれたり、手袋になってくれたり、

ほんのりと照らしてくれたりする。


もう、

他には何にも欲しい物はいらないなぁーと感じました。


子や孫が、

そのまた子供のその孫と、

そしてその周辺の人たちと、そのまた先のたくさんの人たちが


ずーっと幸せでいられる世の中になってほしいなぁーと思うのでした。




スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事






  • このエントリーのカテゴリ: 日記