テーブル下の小引き出し作製

先日から楽しい工作をしています。

使いたいときにすぐに使えて 散らかりがちなこまごまとした物を入れておけるように、テーブルの下に小さな引き出しを作りました。

軽くて小さい物しか入りませんが、出しっ放しも防げて テーブルの上も散らからないので役に立っています。

tablehikidashi1.jpg

下から見ると以下のようになっています。
tablehikidashi2.jpg
引き出してもすっぽ抜けないようにテープを貼っています。(ちょっと曲がっていますね)
箱を引き出すとテープが伸びたところで止まっています。
tablehikidashi3.jpg
机の下の作業って、めまいを起こしやすいのでテープを貼るのも短時間で雑になってしまいました。
テープは引越しの時によく使われるような剝がしやすい養生テープみたいなやつです。
テープの両端はそのままで 中央部分はくっつかないようにテープを2重に重ねています。(←わかりますかね?)
夫は毎日飲む薬とつまようじ、耳かきなどなど入れています。
tablehikidashi4.jpg

反対側の私のほうも小引き出しを作りましたが、入れるものが思いつかなくて、
メガネと孫の手を入れてみました。そのうちに何かもっといい物を入れたいと思います。
hikidashi.jpg

使用した物は、100均(ダイソー)で買ったプラスチックの箱と強力両面テープ、

それと、ホームセンターで売っている アルミチャンネルという、コの字レールみたいな金属棒。(1本258円)

このアルミチャンネルをホームセンターの作業場を借りて自分で切ってやすりをかけて帰ってきました。

金属も切れる糸鋸みたいなやつで10センチくらいの長さに切り、同じく金属用のやすりで両端をなめらかにします。(万力でしっかり固定すると楽に切れます。)

アルミチャンネルを両面テープでテーブルの下に貼り付けて、引き出しになる箱を取り付けます。

丁度良い場所に貼りつけるのが腕の見せ所、とでも言いましょうか、これが案外楽しい作業でした。


アルミチャンネル(コの字レール)の代わりになるものが何か無いか探したのですが、

キャンドゥで「ディスプレイバー」、セリアで「インテリアウォールバー」というのが売っていて、

それが代用できそうでしたし、木でできているので切るのも簡単そうでしたが、ちょっと厚みがあってあまりスマートにできなさそうだったので(下に出っ張る)、手間だけど ホームセンターでアルミチャンネルを切ってきました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事









  • このエントリーのカテゴリ: 日記


価格.comの賃貸物件"一括検索"サイト「スマイティ」


スマホの料金が今よりグッとオトクに!?【格安スマホはmineo】


【GRLグレイル】ひと目ボレ必至のトレンドITEM満載!

衝撃のサービス現る!【端末レスキュー】



◇最新記事◇