節約と相反して

カレンダーどおりではない勤務となった夫は 連休のはずの今日は現場出勤していきました。

最近の夫は本社には週に1回ほど行き、あとは現場勤務になり、休みは平日が多くなりました。

この4月からは 本社に行っても使える机がなくなりまして、会議室の片隅か待合用のソファ?みたいなところで1日過ごすらしいです。

本社にいても仕事がないので、途中で現場に顔を出しに行ったり自宅に帰ってきたりします。(早く帰宅するとわずらわしいです)

a1150_000972.jpg


先日は旅行でもないのに 世間はちょうど連休の時期で、ホテルの宿泊代が高く けっこうな出費になりました。

車で往復したのでガソリン代が2万超え、高速料金も2万超えでした。

新幹線と特急を使って行ったならば 2人で往復6万5千円と少し。交通費だけなら2万円は節約できました。


しかしそのぶん、夫はジャケットとズボン、靴、靴下、ハゲ隠しの帽子まで新しいのを買いました。

会社に行く時のスーツを持っていけばいいんじゃないか、という私の意見を無視して。

交通費で節約しても それ以上の出費でした。

どこかで節約すると、「節約したんだから」と気持ちがゆるみ、更に出費を抑えるということはしません。


貯金をする場合は隠れて貯金しないと、「貯金があるから」とまたまた気をゆるませます。

我が家の場合は夫の親兄弟の暮らしを援助しても同じなのかもしれません。

一応、自分の親兄弟がらみの出費があると大胆にお金を使わない傾向にあります。

援助して生活を苦しくしておいて、そのまま老後に突入すると節約生活が身について丁度良いのではないか、と思えてきました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事











価格.comの賃貸物件"一括検索"サイト「スマイティ」


スマホの料金が今よりグッとオトクに!?【格安スマホはmineo】


【GRLグレイル】ひと目ボレ必至のトレンドITEM満載!

衝撃のサービス現る!【端末レスキュー】



◇最新記事◇